沿 革


  1973年,生物薬学科の増設に伴う3学科制への移行に際し,現名誉教授の今原廣次教授を主任として生化学Ⅰ教室が開設されました。その後,1994年10月に生化学教室に,2007年4月に現在の生化学分野に再度名称変更されました。

  生化学教室は畑山教授(現名誉教授)を主任教授として北村晃子助手,若槻徹助手の3名でスタートしました。その後下記のような変遷がありましたが,2012年3月畑山教授退職時には,山岸伸行准教授,齊藤洋平助教の構成でした。畑山教授退職後,2012年7月に中山が千葉大学大学院薬学研究院より分野主任教授として着任し,現在は齊藤洋平助教、幸龍三郎助教と教育補助臨時職員1名の計4名のスタッフから構成されています。


教職員の変遷(生化学教室に名称変更後)


 教授: 

  畑山 巧 (1994.10 〜 2012. 3)

  中山 祐治(2012. 7 〜 現在に至る)


 准教授: 

  山岸 伸行(2009. 4 〜 2013. 3)


 助教授: 

  畑山 巧 (1988. 4 〜 1994. 9)


 講師:

  山岸 伸行(2002. 7 〜 2009. 3)


 助手:

  北村 晃子(1972.10 〜 1994.12)

  若槻 徹 (1975. 4 〜 1997. 3)

  石垣 理恵(1994. 4 〜 1995. 1)

  安田 邦彦(1995. 4 〜 1997.11)

  山岸 伸行(1997. 4 〜 2002. 6)

  美濃部悦子(1999. 4 〜 2001. 2)

  石原 慶一(2001. 4 〜 2005. 3)

  齊藤 洋平(2005. 4 〜 2007. 3)


 助教:

  齊藤 洋平(2007. 4 〜 現在に至る)

  久家 貴寿(2013. 7 〜 2017. 3)

  幸 龍三郎(2019.10 〜 現在に至る)