ごあいさつ


 平成24年7月1日付で生化学分野に着任いたしました。

 主な研究テーマは、タンパク質チロシンリン酸化反応を介する細胞内情報伝達機構の解明でSrc型チロシンキナーゼを中心に研究しています。特に細胞分裂や細胞周期制御におけるチロシンリン酸化シグナルの役割などの分子機構解明を目指して研究を行ってきました。

 タンパク質のチロシンリン酸化/脱リン酸化は可逆的な反応であり、シグナル伝達のONとOFFの制御を行います。多くの癌ではこのスイッチが壊れ、常にONになっていることが知られています。シグナルの異常亢進とがんとの関連は数多く研究され多くのことが解明されましたが、まだ不明な部分が沢山存在します。本研究を通して、正常な細胞活動制御機構としてのリン酸化シグナルの解明と、病態に関連するシグナル伝達異常を解明することが、癌治療のあらたな標的の発見に繋がると考えています。

 ストレス応答を担う分子シャペロンは,様々な生命活動に関与し,細胞分裂制御への関与も報告されています。当分野においてこれまで行われてきた分子シャペロンについての研究と,細胞分裂制御についての研究を融合させ,分子シャペロンにおける細胞分裂制御とがんとの関わりについての研究を当分野の研究の柱の一つに据え,教員間で共同研究しながら進めて行きたいと考えています。


学部学生のみなさんへ

 学生のみなさんは,自分自身が未だ気付いていない潜在能力と無限の可能性を持っています。研究活動を通して自分の可能性を最大限引き出してみませんか。研究活動には地道な努力が必要で,うまくいかないことも頻繁にあります。そう簡単に研究が面白いとは感じられないかもしれませんが,自分の時間を削り研究活動に没頭してみてください。研究の面白さが見えてくるころには,成長した,これまでとは違う自分自身の存在に気付くはずです。私たちは,研究活動を通して学生さんの潜在能力を引き出し、学生さん自身が努力を惜しまず夢にむかって歩んで行く手助けをしたいと考えています。

 

                        生化学分野 教授

                         中 山 祐 治

ごあいさつ