What's NEW! of seiri-j



HOME > What's NEW!



2019年2月16日
がん専門医療人材養成プラン
薬剤師研究者養成コース会議にて
大学院1年次生 甘利圭吾くんが活動報告を行いました。

2019年2月13日
平成30年度第4回カッティングエッジ けいはんな研究シーズ発表会
(けいはんなオープンイノベーションセンター)において
4年次生羽立祐貴くんがポスター発表を行いました。
タイトル:Wnt/β-catenin経路阻害による新規がん分子標的治療薬シーズの創薬

大学院4年次生 河西翔平くんの論文がJournal of Alzheimer’s Disease 誌に発表されました。
論文タイトル:Bone-marrow-derived microglia-like cells ameliorate brain amyloid pathology and cognitive impairment in a mouse model of Alzheimer's disease.
著者:Shohei Kawanishi, Kazuyuki Takata, Shouma Itezono, Hiroko Nagayama, Sayaka Konoya, et al.

「今後の予定」

Teruki Shimizu, Mako Tomogane, Yusuke Sano, Daiki Shimizu, Masatsugu Miyashita, Atsuko Fujihara, Fumiya Hongo, Osamu Ukimura, Eishi Ashihara: Low dose gemcitabine increases the sensitivity of human Vgamma9Vdelta2T cell mediated cytotoxicity through NKG2D-NKG2D ligands axis in bladder cancer cells. American Association for Cancer Research (AACR) Annual Meeting 2019 (Atlanta), 2019.3.29-4.3

堀井 流、高田和幸、細木誠之、戸田侑紀、丸中良典、芦原英司: 糖尿病モデルラットにおける脳内pH低下とアミロイドβ産生増加に対するプロポリスの改善作用. 日本薬学会第139年会 (千葉), 2019.3.20-23.

小木曾遥香、池内優紀子、細木誠之、田中早織、島本忠夫、浅野真司、丸中良典、中張隆司. プロカテロール刺激時マウス気動線毛運動周波数のCa2+依存性PDE1Aによる調節. 
日本薬学会第139年会 (千葉), 2019.3.20-23.

谷口恵香、影山 進、高木寛子、飯居宏美、芦原英司、茶野徳宏、河内明宏、中田 晋. Gamma-glutamylcyclotransferase(GGCT)欠乏で誘導されるp21発現上昇は乳癌細胞においてProhibitin-2を介して調節される. 日本薬学会第139年会 (千葉), 2019.3.20-23.

Shimizu T, Miyashita M, Fujihara A, Hongo F, Ukimura O, Ashihara E : Standard anticancer agents increase the sensitivity of human Vγ9Vδ2T cell mediated cytotoxicity through NKG2D ligands in urinary bladder cancer. 34th European Association of Urology (EAU) Congress (Barcelona), 2019.3.15-19