薬理学分野

薬理学をベースとした生命科学を実験を通して学ぶことにより、薬学領域のみならず幅広い分野で活躍できる人たちを育成します。あわせて独創的な視点から創薬につながる基礎研究の成果を生み出すことを目指しています。

研究概要

「薬理学分野」では以下のテーマのもと、研究活動を進めています。

  • マスト細胞の成熟、分化を介した機能発現の解析
  • マスト細胞に発現するオーファンGタンパク質共役型受容体の機能解明
  • アトピー性皮膚炎の痒みの発生メカニズムの解明
  • 多価不飽和脂肪酸(PUFA)による皮膚バリア機能改善メカニズムの解明

スタッフ

  • 田中 智之(教授)
  • 藤井 正徳(准教授)
  • 丹羽 里実(助教)
  • 三田村 志保子(教育補助職員)

ページのトップへ戻る