京都薬科大学 創薬科学系 薬品化学分野

menu
Platform Technologies for Drug Discovery

薬品化学分野 では、微量で強力な生物活性を示すペプチドをもとにして、医薬品として利用可能な優れた特性を有する化合物の創製研究を進めています。また、最新のタンパク質の化学合成法を活用することにより、新たな医薬シーズを探索するための新技術の開発に取り組んでいます。

NEWS

  • 2022/3/27
    研究成果
    5年次生の板野君と藤本君が日本薬学会第142年会(オンライン)でポスター発表を行いました。
  • 2022/3/2
    研究成果
    HTLV-1プロテアーゼに対するレトロインベルソ型阻害剤の創製研究の成果に関する論文が、Molecules誌に掲載されました。
  • 2021/12/29
    研究成果
    オレゴン州立大学との共同研究の成果に関する論文が、ACS Medicinal Chemistry Letters誌に掲載されました。
  • 2021/12/15
    研究成果
    大環状構造からなるBACE1阻害剤の創製研究の成果に関する論文が、Bioorganic & Medicinal Chemistry誌に掲載されました。
  • 2021/11/15
    研究成果
    BACE1阻害剤の構造活性相関研究の成果に関する論文が、Bioorganic & Medicinal Chemistry誌に掲載されました。
  • 2021/10/18
    研究成果
    薬品化学分野の創薬研究の取り組みが朝日新聞で紹介されました。[朝日新聞HP][京都薬科大学HP]
  • 2021/9/13
    お知らせ
    6名の3年次生が薬品化学分野に配属されました。
  • 2021/9/6
    研究成果
    (株)Preferred Networksとの共同研究の成果に関するニュースリリースが発表されました。[ニュースリリース]
  • 2021/6/22
    研究成果
    6年次生が卒業論文発表会にてポスター発表を行いました。
  • 2021/5/20
    お知らせ
    Webページをリニューアルしました。
More

総合薬学研究(分野分属)

薬品化学分野では、総合薬学研究(2022年度:3年次生後期~)の受け入れに関わる相談を随時受け付けています。メールもしくはTeams等でご連絡ください。


Contact

大学院生募集

薬品化学分野では、現在大学院生(薬学専攻・薬科学専攻)を募集しています。研究室見学をご希望の方は、メールもしくは電話でご連絡ください。


Entry

共同研究

薬品化学分野では、創薬研究に関するさまざまな共同研究を実施しています。


Collabo
rations