京都薬科大学 臨床薬剤疫学分野
Clinical Pharmacoepidemiology

since 2017        
 

MISSION

 

将来を拓く研究スキル・マインドの習得を目指して!

本分野では、ヒト集団に使用した医薬品の使用実態、医薬品の効果や副作用、薬物療法に介入する薬剤師の成果を様々な「医療リアルワールドデータ」を駆使して追求します。
 

全ては「患者さんのために」行動できる学生を育成します。

本分野に興味を持っていただいた学生、大学院生、卒業生、現場の薬剤師、企業の方など、お気軽にご連絡ください。(連絡先はメンバー紹介をご覧下さい)
 
 

お知らせ

NEWS

[%article_date_notime_dot%] [%new:New%]

[%title%]

内 容

CONTENTS

 

研究

当分野の研究テーマはこちら
 

教育

当分野で行っている教育はこちら
 

研究室

当分野の概要はこちら
 

業績

当分野の業績はこちら
 

メンバー

当分野のメンバーはこちら
 

お問い合わせ

当分野へのお問い合わせはこちら
 

KPU-CPEについて

ABOUT


 

 本分野は、2017年4月に国公私立薬学部として初めて設置されました。
 社会に出る前の学生が、リアルワールドデータを用いた研究に触れ社会に出た後に活躍出来る人材の育成、また社会に出た薬剤師がリアルワールドデータを活かし、社会に貢献できるよう支援していきたいと思っています。


当分野のロゴについて
本学の学生が作成してくれました。臨床薬剤疫学分野(Clinical PharmacoEpideomiologyのCPEを含み、当分野で学ぶ学生やこの研究領域が常に上向きで前を向いて欲しいという想いを込めています。

 

メンバー紹介

MEMBER

 

教授

村木 優一

 
 
 
 
 
 
 
 

教育補助職員

井上 千絵子

 
 

2017年度生

石井沙季
胡井愛
河邊絢子
後藤良太
 

 
 

2018年度生

大嶋智子
神元 庸子
櫻井 將人
高谷瑞穂
田中真幸
三田陽介

 

お問い合わせ

CONTACT