研究内容

【研究の目的と概要】

医薬品を正しく使うためには、その効果や副作用といった情報を正しく評価し、個別の患者の状態に応じた用法・用量で薬物療法を行わなければならない。このことは「根拠に基づいた医療(Evidence-based Medicine、EBM)」として重要であり、患者の情報や薬に関する情報を正しく収集・評価することが必要となる。薬の専門家としての薬剤師は、薬物動態や薬効・副作用の評価、あるいは医薬品の適正使用に関する評価能力を持ち合わせることが期待され、病院や薬局薬剤師として活躍する場合はもちろん、製薬企業や公的機関などで活躍するためにも必要とされるものである。 また、薬剤師として患者に接する場合には、患者とのコミュニケーションから種々の情報を収集することも必要であり、その解析手法についても研究を行っている。

 臨床薬学教育研究センターにおける研究は主に、臨床現場で提起された問題点に対してその解決策を見出すことを目的に適切なデータの収集・解析を行い、その結果を臨床へフィードバックしてより良い薬物治療に貢献することを目指す。具体的にはカルテ調査、文献やデータベースの検索等にもとづく情報の収集と解析が中心となる。また実験を行ったり、コンピュータで独自のプログラミングを行いデータベース解析や数値解析を実施する。

 各自の研究を進めるためには、医療に関する専門知識を修得し、自らが問題点を考案しそれを解決するという積極的な取組姿勢が必要である。


1)臨床薬物治療および医薬品開発におけるファーマコメトリクス、モデリング&シミュレーションによる医薬品評価に関する研究
2)患者情報や副作用データベースを用いた、がん化学療法をはじめとする薬物治療時の副作用評価に関する研究
3)緩和医療における症状マネジメントと薬剤師介入に関する研究
4)がん化学療法時の効果・QOLを考慮した費用対効果評価に関する研究
5)患者コンプライアンス向上を目的とした医薬品適正使用に必要な医薬品情報評価に関する研究
6)フィジカルアセスメント、在宅医療などの薬剤師の職能に関する調査研究