最新の論文 of KPU_site

京都薬科大学創薬科学系薬品化学分野
〒607-8412 京都府京都市山科区御陵四丁野町1
Phone: 075-595-4635 (教授室); 075-595-4636 (研究室)
FAX: 075-591-9900 (教授室)

2018.9.3 現在

著書


原著論文

1.原著論文
1.
Kobayashi, Y.; Hoshino, M.; Kameda, T.; Kobayashi, K.; Akaji, K.; Inuki, S.; Ohno, H.; Oishi, S.: Use of Compact Tripodal Tris(bipyridine) Ligand Stabilize a Single-Metal-Centered Chirality: Steroselective Coordination of Iron(II) and Ruthenium(II) on a Semirigid Hexapeptide Macrocycle, Inorg. Chem. 2018, 57, 5475-5485.
2.
Sekiguchi, H.; Kuroyanagi, T.; Rhainds, D.; Kobayashi, K.; Kobayashi, Y.; Ohno, H.; Heveker, N.; Akaji, K.; Fujii, N.; Oishi, S.: Structure-Activity Relationship Study of Cyclic Pntapeptide Ligands for Atypical Chemokine Receptor 3 (ACKR3), J. Med. Chem. 2018, 61, 3745-3751.


2.学会集会でのプロシーディングス


3.総説

milk_btn_pagetop.png

学会発表

国際会議
・一般講演
1.
Kazuya Kobayashi, Daiki Joho, Chinami Taniguchi, Misaki Tanaka, Rani Kimura, Kaho Komurasaki, Yuki Kawasaki, Yasunao Hattori, Kenichi Akaji: Synthesis and evaluation of novel BACE1 inhibitors based on the N-amidino nitrogen-containing ring structure. 256th ACS National Meeting & Exposition (Boston, USA), 2018.8.

国内学会
・一般講演
1.
大西康司、三谷勇人、嶋本康広、小林数也、服部恭尚、赤路健一: 新規相互作用部位を導入したデカヒドロイソキノリン型SARS 3CLプロテアーゼ阻害剤の設計と合成. 日本薬学会第138年会 (金沢), 2018.3.

2.
吉澤慎一郎、足尾真美、越野裕貴、山中優季、小林数也、服部恭尚、赤路健一: オクタヒドロイソクロメン型SARS 3CLプロテアーゼ阻害剤の設計と評価. 日本薬学会第138年会 (金沢), 2018.3.

3.
大谷拓也、小林数也、服部恭尚、赤路健一: 大環状BACE1阻害剤の合成と活性評価. 日本薬学会第138年会 (金沢), 2018.3.

4.
藤原采耶花、大西康司、吉澤慎一郎、濱本凪彩、小林数也、服部恭尚、赤路健一: 新規相互作用部位を導入したオクタヒドロイソクロメン型SARS 3CLプロテアーゼ阻害剤の設計と合成. 日本薬学会第138年会 (金沢), 2018.3.

その他の発表

受賞講演


その他

milk_btn_prev.png

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|

milk_btn_next.png