プログラム


詳細なプログラムはこちら→ 第7回食品薬学プログラムweb用.pdf
(受付開始時間:10/28 AM8:30、10/29 AM9:00)

第7回食品薬学シンポジウム・プログラム

特別講演
阿部啓子 先生 (東京大学大学院 農学生命科学研究科)
「次世代機能性食品開発へのグランドデザイン」

招待講演
宇野文博 先生 (株式会社 同文書院)
「健康食品の現況と医薬品との相互作用概要」

企画シンポジウム:機能性素材・医薬品開発を目指した食品薬学の最先端
山本(前田)万里 先生 (国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構)
「機能性表示制度を活用した機能性農産物の開発」

國澤 純 先生 (国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所
「腸内環境を起点とする創薬・食品研究の現状と将来展望」

掛谷秀昭 先生 (京都大学大学院 薬学研究科)
「機能性素材の医薬品への展開を目指した創薬ケミカルバイオロジー研究」

シンポジウム1:機能性食品研究における医・薬・農の連携Ⅰ
二宮清文 先生 (近畿大学 薬学総合研究所)
「西洋ハーブからの肝脂肪低減を介した生活習慣病予防改善物質の探索」

中田徹男 先生 (京都薬科大学)
「高血圧・腎障害に対する機能性食品の効果とその機序の基礎研究」

山田秀和 先生 (近畿大学アンチエイジングセンター / 医学部奈良病院
「臨床の立場からみた機能性食品の使い方」

シンポジウム2:機能性食品研究における医・薬・農の連携Ⅱ
加屋隆士 先生 (タキイ種苗株式会社
「民間野菜育種の現状〈新たな価値提案ーファイトリッチー〉」

間 和彦先生 (日本製粉株式会社
「機能性食品素材の研究開発の一側面」

鈴木靖規 先生 (クオール株式会社
「薬剤師として機能性食品、サプリメントへの一見識」



607-8412 京都市山科区御陵四丁野町1
京都薬科大学 生薬学分野
第7回食品薬学シンポジウム実行委員会
TEL:075-595-4634
FAX:075-595-4768
E-mail:shokuyaku7@mb.kyoto-phu.ac.jp